自動ドアの電子施解錠化システムの導入ならオキ・ニューエモーションにお任せください。是非、この機会にお問い合わせください。

電子機器設計開発ならオキ・ニューエモーション > 開発情報 > 自動ドアの電子施解錠化

開発情報

自動ドアの電子施解錠化

ICカード(NFC)を持つ人のみ建物の入退出が可能。
当社開発のORB基板を使用。
入退出データはBLEでPCへ転送することにも対応可能です。

特徴

施設入口

導入事例:介護施設

施設入口の自動ドアに、ロックと連動するRFIDリーダー(タッチONE)を取り付け、カードキーを持つ人だけが出入りできるようにしました。

施設の人が気づかないうちに、お年寄りが外へ出てしまうような事故を防ぐことができます。
また、見知らぬ人が勝手に施設内に入ることも防止できます。

オプションで、入退出のデータを、BLEを利用してパソコンへ転送し管理することもできます。

特徴

  • カードリーダー部に最大1000件の入退出記録を保存可能
  • 非接触ICカード(Felica/MIFARE)対応
  • Bluetooth 4.0搭載可能
  • リモコン対応可(ワイヤレスリモコンによる開け閉め)
※Felicaはソニー株式会社の商標登録です。
※MIFAREはNXPセミコンダクタ社の商標登録です。


その他

  • ONE Lock
    Cloud System

    クラウドサーバーを介して、遠隔地から電子錠をコントロールすることができるシステムです。

    詳細はこちら

  • Time One
    出退勤システム

    ICカード(NFC)で出退勤管理できるシステムです。

    詳細はこちら

  • 自動ドアの
    電子施解錠システム

    ICカード(NFC)で建物の入退出を行うことができるシステムです。

    詳細はこちら

  • 大規模飲食業向け
    注文/呼出システム

    厨房内のモニターによるオーダー管理を行い、効率的な調理が可能。接客サービスの効率化を図ることもできます。

    詳細はこちら

  • 宅配ボックス

    ICカード(NFC)で解錠できる宅配ボックスです。

    詳細はこちら

NFC・BLE搭載製品開発に最適。開発コストの削減、開発期間の短縮。

HOME